2012年07月24日

CentOS dfとdu 値が違うのはなぜ?

dfとduとは


dfとは、ディスク容量の表示。
duとは、ファイル容量を表示。

環境


CentOS 5.4

現象


dfで「/」が使用で80%近く容量を圧迫していたので、
不要なファイルを削除しようとファイルをduなので探していたが、
「/」以下(他パーティション除く)の結果が15G程度しかなかった。

原因


プロセスの動作中に使用しているファイルの削除を認め、
open状態のままOSがファイルを捕まえたままになることがあるようだ。

確認


本当に原因が起きているのかを確認しよう。
# ls -al /proc/*/fd/* | grep deleted

このコマンドを打って表示されたリストがそうである。
きっとそのファイルを見れば何に使用しているファイルかわかることでしょう。
きっと思い当たるフシがあるはず。(少なくとも自分にはありました)

解決方法


確認でみたファイルを使用しているアプリを再起動してください。

自分の場合、アプリを再起動したら使用容量が半分近くになりました。
ほとんど同じ事書いてありますが、こちらもどうぞ
posted by RicK at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57211001

この記事へのトラックバック