2010年06月25日

Ruby ヒアドキュメント

ヒアドキュメントとは?


複数業に渡る長い文字列を作成するのに使われます。

環境


ruby1.8.6
irb

使用方法


$ irb
x = >>END
hoge
boge
END
puts x
=> "hoge\boge\n"

x = >>END

ここのENDの前と最後のENDの前には空白も禁止です。

$ irb
x = >>-END
hoge
boge
 END
puts x
=> "hoge\boge\n"

最初のENDの前に-を入れる事によって、
最後のENDをインデントする事を許可します。

$ irb
hoge = 123
x = >>END
#{hoge}
boge
END
puts x
=> "123\boge\n"

hoge = 123
x = >>'END'
#{hoge}
boge
END
puts x
=> "\#{hoge}\boge\n"

ヒアドキュメントのデフォルトはダブルクォートで囲まれていると
同じこのなので、#{}が使用可能ですが、
使用したくないのであれば、最初のENDをシングルクォートで囲めばよいです。
posted by RicK at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39172105

この記事へのトラックバック